Make your own free website on Tripod.com
トップページ > 旅日記総合目次 > 世界一周旅行編目次 > 世界一周旅行 -アメリカ大陸- > 旅日記

旅日記


2002年11月18日(月)
トロント

- トロントピアソン空港にて -
本日は写真なし。

 
 おととい、昨日と、友達との別れが続き…、今度は俺のばんです。
 明日のメキシコ行きの便が朝早い時間のため、本日の夜、こっそり一人で空港に向かい、空港ベンチにて仮眠の後、メキシコへ…と考えていました。しかし、現実は考えていたものとは違ったものとなりました。
 朝10時過ぎに起床し、荷物をまとめていると、シュウからMSN Messengerにメッセージが入りました。
"What time will you leave?"
だったと思います。
"夜の8時、9時くらいかな?"
"So, What about going to the pool bar(ビリヤード場)"
"うんいいよ"
たまっていた旅日記を少々書き、荷物をまとめ、リリー(大家)に支払いを済ませ、部屋の掃除をし…、大策とダイリーン(大策の彼女)とは6時半にバサーストの駅で落ち合うことにして、午後4時頃、シュウと2人で家を出ました。地下鉄に乗り込むと、シュウの様子がいつもと違いました。いつもはおどけたり、さわいだり、そんなシュウ(もちろん、バカなふりをしているだけ)なのですが、ちょっとしんみりしているみたい。「やよいもあきこも俺も大策も(大策は25日に日本に帰ります)、そしてダイリーンも(ダイリーンは12月に上海に帰ります)、みんな帰っちゃうね」俺がそんな言葉を発したせいもあったからでしょう。ゲームセンターへ行ったり、買い物をした後、午後6時半に大策&ダイリーンと落ち合い、コリアンタウン内にある"カムチャッタン"のおいしい店に向かいました。お店ではコリアンのふりをしよう!ということ?で、「アンニョンハセヨ」やら、「カムチャッタン、チュセヨ!」なんていろいろな言葉を店員さんに掛けましたが、どうやら、アクセントとかが可笑しかったみたい。店員さんは笑ってばかり。食事の後、皆でプールに向かいました。そこでは腕の立つシュウと大策がプレーし、ダイリーンと俺がお話する、そんな感じでした。
 10時くらいだったでしょうか、「解散しよう!」ということになり、俺は空港に向かう前に、ビールを買っていきたいと思い、シュウに、「俺、じゃあ空港いくわ。でも、ほら、空港行ってからひまだから、ビールでも買って行って、ベンチで飲んでから寝ることにする」と伝えました。シュウは、「OK、俺もひまだから、ビール欲しい!」ってことでした。大策とダイリーンは、「バブルティーショップにいく!」ということでしたので、そうか、そういうことなら、大策、ダイリーンとはここでバイバイして、シュウとは、ビール買った後でバイバイしよう!そんな感じでした。それから、シュウと2人で、ビアストアやリカーショップを4件くらいまわったでしょうか。しかもタクシーで。しかもシュウ払いで。でもね、トロントでは24時間酒を売っているようなところはないのです。たいていが夜の9時か10時まで。タクシーの運ちゃんに
「遅くまで売っている所知らないかな?」
「うーん、あそこだったら!もしかしたら!」
そんな感じで4件まわってもらったのですが、すべて駄目でした。タクシーから降りた後、シュウにたずねました。
「シュウ、なんでタクシーまで使って、酒探してくれているの?飲まなきゃ飲まないでOKだよ。俺」
「ん?、俺が飲みたいからさ」
「は?、家にまだビールあったでしょ。それ飲めばいいじゃん」
「空港で、俺が朝までひまだからさ!」
あーあー、やっと合点行きました。彼は空港まで見送りにきてくれて、しかも朝まで、俺のフライトを待っていてくれようとしていたのです。
「え?シュウも空港行くの?いいって、いいって!」
でも、彼は「行く!」の一点張り…。あきらめました。そうか、ありがとう…。
ビールを買えないまま、空港行きのバスが出る時間まで、飲もうということになりました。チャイナタウンとコリアンタウンの間くらいにあった韓国式バーみたいなところで、2人で軽く飲みました。うーん、この飲みはかなり盛り上がりました。2人の知っている秘密を暴露しまくりました。細かいことは書きません、もちろん。2人の秘密だから。でも、我ら2人の知り合いの名前がたーくさん出ましたよ。一応書いておくけれど、悪口とかじゃないよ、もちろん。飲み代の30ドルは、またもやシュウのおごり。ありがとう。本当にありがとう。

 ブブーン!午前1時頃バスは空港に着き、その後我ら2人は、シャトルバスにて、明日のフライトのためにターミナル1に向かいました。ターミナル1内のTim Hortensにてだらっとしていると… 「ドンドンドンドン!」誰かがガラスをたたきました。振り返ると、大策とダイリーンの姿がありました。あっりゃー、なんであいつらがここに…。大策曰く、
「ビール買った後、ビリヤード場に戻ってくるんじゃないんかい!」
「え?、ほら、君らはバブルティーに行くって行っていたから、それから家にすぐ帰るんだなって思っていたんだけれど…」
「だって、ひろし(俺のこと)とバイバイも言っていないのに、帰るわけないって!勝手に空港行くのはないでしょ!」
そうだ、彼の言う通りだ。俺は、さよならとか言うのが苦手で、さよならを言うと、自分自身いつも寂しい気分に陥ってしまって。だからそんなのがいやで、いつもさよならとか言わないままに出て行ったりする人なのです。そのまま俺が行っても、そんなに寂しがる人もいないだろうし…、いつもそんな風に感じて、何もいわないままに出て行ってしまったりする人なんです。でもね、大策がこんなことを言ってくれて、しかも空港にまで来てくれて、本当にうれしかったよ。←こんな気持ちを悟られるが恥ずかしくて、すかさず言葉を続けました。
「そうそう、Kippling(空港最寄の地下鉄駅)からのバスは、俺とシュウが乗ったのが最終だったはず。どうやってきたの?ここまで?」
「バスを乗り継いできたの!」
一休みしたあと、朝まで、空港内に落ちていた紙で作ったトランプで、大富豪に燃えた4人でした。

 チェックインが終わり、そして出国のゲートを通り過ぎるとき…、涙が出ました。君らには見えないようにしていたけれれど…、シュウの口が動いていたけれど、あれは俺が教えた「キノコノコノコ、ゲンキノコ」を唄っていたんだよね、きっと。俺の中では、Biginの涙そうそうが流れていたよ。シュウ、大策、ダイリーン、本当にありがとう。うれしかったよ、みんなに見送られてゲートを出るのは。

そうそう、シュウに一個。でも彼はひらがなしか読めない(読めるけど、意味を理解はしていない)ので、英語で。

Hey! Asshole! Thanks so much! I wanna tell you one thing. That is not "Ki no ko no ko ko no" ok? "Ki no ko no ko no ko" is correcct and also not "Busashimeji" ok? Anyway, See you again in Taiwan or in Japan. I will treat you in GINZA.

 
-本日の移動-
From To 移動手段 値段 備考

Sheppard Batherst 地下鉄 (TTC) C$2.25
Batherst Dundas タクシー ? シュウが支払
Dundas Bloor タクシー ? シュウが支払
Bloor Batherst タクシー ? シュウが支払
Batherst Toronto Piason Airport 地下鉄 & バス (TTC) C$2.25

更新地:Mexico city(Mexico)

前の日記へ 次の日記へ