Make your own free website on Tripod.com
トップページ > 旅日記総合目次 > 世界一周旅行編目次 > アジア編 > 旅日記

旅日記


2003年04月14日(月)
デリー
晴れ
- インドで初のハプニング -

 
 
 ナマステ。4月12日にインドのデリーに到着し、デリーのメインバザールにある「Hotel Payal」という宿にチェックインしました。シングル一泊150ルピーのところ、学生証を出したりしながら125ルピーまで値切って、結局304号室にチェックインしました。値段は少し高めですが、室内にコンセントがある点、ドアに手持ちのかぎが付けられる点、このあたりを考慮して宿泊することとしました。久しぶりのシングルルーム、なかなか楽しいです。

 さて、デリー到着から2日後の4月14日、なかなかつらい事故が発生しました。16時頃、パソコン使用中に突然の停電…。せっかく更新した旅日記、写真集のデータを保存することもなく、パソコンの電源が切れてしまいました。あれれ。10分後、電気が復旧したので、再度パソコンの電源を入れ、スキャンディスク(パソコン内部にあるハードディスクという記憶装置のエラーチェック)の最中、またも停電が起こりました。そして、再度電源を入れ、パソコンの起動を試みると…。あぁ、Windowsが死んでしまいました…。まったく持って、Windowsが起動しません。何度繰り返しても結果は同じでした。セーフモードで立ち上げようとしても駄目。Windows2000のCDを用いて、修復を試みようとしても駄目。DOSコマンドを用いてディスクチェックをしたくても、そこまで進みません。すごく悲しい事実、どうやらハードディスクが死んでしまったようです。これまでのメール、デジカメ写真が全て消えてしまった可能性もあります。旅の思い出が全て消えてしまうのでしょか。

 とりあえず、気持ちを落ち着けるために飯を食いに行きました。頼んだターリー(インドの定食)が出てくるまで、パソコンのことを考えました。パソコンなしでは、この旅行、とてもつらいです。というのも、デジカメデータの保存、ホームページの更新、メールチェック、さまざまなことにパソコンは必需品なのです。特に、デジカメデータの保存ができなくなることは、とても痛い。今後、自分が取るべき道をいくつか考えました。

1.新しいハードディスクをインドで購入する
2.動かないパソコンとデジカメを持ち歩きながら旅行を続ける
3.動かないパソコンとデジカメを日本に送る
4.壊れたと思われるハードディスクを気合で直す

「1.」を選ぶとすると…
ハードディスクを購入しようにも、2,5インチのハードディスクなんてインドに売っているのだろうか…。値段はいくらくらいするのだろう。数百ドルはすることでしょう。今の資金ではとても無理っぽいです。

「2.」を選ぶとすると…
パソコンを持ち歩いている意味が全くなし。重いのが苦痛なだけです。

「3.」を選ぶとすると…
インドの郵便局から小包なんかで送った日には、パソコンも粉々になりそうです。かといって、DHLなんかを利用したら、数百ドルはかかります。今の資金では無理です。

「4.」を選ぶとすると…
これが一番現実的です。ただ、壊れたハードディスクからデータを吸い出すソフトも、またそれを保存するための他のハードディスクやCD-Rがありません。

結局、「4.」を選ぶことにしました。オーダーしたターリーが来て、そしてパソコンのあれこれを考えながらそれを食べていると、隣の席のやつが話し掛けてきました。
「どこからきた?」
「日本だ。おまえは?」
「ネパールだ。デリーにはどれくらいいるんだ?」
「まだ、3日目だけども」
「デリーの後はどこへ行くんだ?」
「多分、南に行くよ」
「南は暑いから、北にしたほうがいいぞ。ヒマラヤの近くはどうだ?きれいだぞ」
「いや、いいよ。南に行きたいんだ」
「やめておけ。南はすぐ雨季に入るぞ」
「おまえに関係ないでしょう。雨季の南インドに行きたいだってば、俺は」
「とりあえず、話を聞きに俺の友達のオフィスまで来ないか?」
その後もやり取りが続き…。今日、パソコンが壊れてしまい、気分転換に飯屋に来たのに。無性にいらいらしました。
「今日、パソコンが死んでしまったみたいなの!今、そのことで頭がいっぱいなの!だから、いいよ旅行の話は!」
「そんなことは小さいことだ。とりあえず、話を聞きにオフィスまできなよ」
「どっかいけよ!なんだよ、小さいこととは!俺にとっては大切なことなの!」
「おまえは変な日本人だ。ほかの日本人は皆ポライトだ。人が親切にいろいろアドバイスしてあげているのに…。そんなことなら、勝手に、南にいけばいいさ」
「何だよ、その言い口は。俺が飯を楽しんでいるのに、人の気も考えないで勝手に話し掛けてきて、最後にはそんなこと言うのか。何が"親切にアドバイス"だよ。ただの客引きじゃねえか。消えろよボケ!」
飯屋で大声で喧嘩。あーむかつく。せっかくの飯がまずくてしょうがないです。苛立ちの収まらないまま、ホテルに戻りました。

 よっしょ、気合を入れなおしました。もしかしたら壊れているこのハードディスクを、日本まで持って帰れば、あわよくば、過去のデーターも生き返るかもしれません。ですが、もう良いです。過去の思い出よりも、これからのほうが大切です。全てフォーマット(初期化)して、新たにWindowsを入れなおすことに決めました。持参しているWindows2000のCDを用いて再セットアップを試みました。しかし結果は×。うーん、かなり深刻です。ハードディスクに異常があるとのことで、フォーマットできません。あっ、もうひとつ方法がある。パソコン付属のWindows Meでフォーマットしてみよう…。そうしたら、なぜか大正解でした。Windows Meを用いてフォーマット、再セットアップして、その後Windows2000でフォーマットして、Windows2000を再インストール。うまくいきました。めでたくパソコンが生き返りました。ですが、これまで受信したメールやら友人のメアド、多くのものが消えてしまいました。ただ、ハードディスクのパーティションを切っていた(ハードディスクの中身をいくつかに分けていた)せいもあり、OSと別ドライブに保存していたデジカメデータは大丈夫でした。あぁ、まめにバックアップを取っておくんだった…。

 パソコン…。ただの機械だけれども、今となっては、俺の旅行にとってなくてはならない相棒です。多分俺の旅行ももう半年(金がなくなる)、その間、頼むから持ってくれ。祈るような気持ちです。
 

- 本日の出費 -

レート : Rs1(ルピー)=\2.5

- 移動費 -

From: To:
 

- 飲食費 -

ターリー (朝&昼&夕食) Rs30
 

- 雑費 -

L&M LIGHTS (たばこ) - トルコで買いだめした -
宿代 Rs125

更新地 : DELHI ( INDIA )

前の日記へ 次の日記へ